自動車の運転免許を取得するためには、筆記試験のほかに実務試験を受験し、合格する必要があります。筆記試験は、勉強すればある程度簡単に取得する事ができますが、実務試験は、かなり壁が高いです。しかし、実務試験は一定の条件を満たす事ができれば免除される場合があります。そのためには、自動車学校などが、指定自動車教習所なのか、指定外自動車教習所なのかを知る事が大切です。指定自動車教習所の場合には、自動車教習コースなどの設備が整っている場所、という事になるので、そこのカリキュラムを修了することができれば、運転免許試験場の実務試験を免除してもらう事ができます。その場合には、実務試験免除申請をする事によって、実務試験が免除され、視力や聴力などを測定する適正試験と学科試験に合格する事で、運転免許を取得する事ができます。しかし、指定外自動車教習所の場合には、運転免許試験場で確実に学科試験と適正試験、実務試験をクリアする必要があります。なぜなら、指定外自動車教習所では、公安委員会の指定を受けていないので、そこのカリキュラムを卒業できても、運転技能を修得していると認定されないからです。ですから、免除申請をする事はできません。ですから、自分が、指定自動車教習所に通っているのかどうかを確認する事が大切です。