自動車整備士の活躍できる場はとても増えており、自動車整備士の資格を取得して働ける就職先としてあげられるのが主に、自動車メーカーの各企業でそのメーカーのディーラー・整備工場・カーショップなどです。
他にも運送会社やガソリンスタンドでも整備士を雇用し車の点検から修理まで任されるケースもあり、ガソリンスタンドではガソリンを入れるついでに点検や軽微な修理ができるので人気があり、整備士はとても重宝され需要が増えています。
学校などで専門的知識を身につけた人の多くは各企業に就職するのが多く、その理由はメーカーが持っている最先端の技術がいち早く身につくことと、大企業がほとんどの自動車メーカーなので、しっかりとした企業で働くことができるからです。
整備工場やカーショップなどでは、様々な種類の車を請け負うことが出来るので沢山の知識と応用力が必要になり、自動車に関してとても腕を磨くことができます。
最近では女性の整備士も増えていますが、自動車整備士はまだまだ男性の割合が多く職場も自然と男性スタッフが多いです。
現場でキャリアを重ねた後やは引退後は、修理の見積り・会計・相談業務などの事務作業を任されることが多いです。