自動車整備士の仕事内容

| 未分類 |

自動車整備士とは、乗用車やバス、オートバイ、トラックなどのエンジンやブレーキの点検や調整、修理、分解、組み立てなど、さまざまな自動車に関するメンテナンスをおこなう仕事をおこなう技術者のことです。自動車整備工場やカーディーラーと言われる自動車販売会社、ガソリンスタンドなどで整備士として仕事をおこないます。自動車を安全に運転し、走行させるための重要な役割を担っている仕事のため、自動車が好きであることが前提となりますが、このような重要な任務をおこなうためには、実技の面においても、知識の面においても専門的な能力が必要となります。そこで自動車整備士として仕事をするには、国家試験に合格することが必要になります。これは道路運送車両法というものに基づいたものです。ここ最近ではベテランの自動車整備士が不足しているため、多くの新しい自動車整備士の希望者が求められています。自動車整備士の資格には、大きく分けると3級、2級、1級、特殊というものがありますが、そのなかでもそれぞれ分かれており、14種類あるものです。特に求められているのは1級の資格を持つ整備士であり、現在の自動車社会に対応するために求められているものです。