普通自動車免許の受験資格は、事前に理解をしておくと試験が素早く受けられます。公表されている要件を、最初から確認する時間と手間が省けるからです。まずは年齢制限です。私たちの国の法律では、18歳以上の人でなければ自動車を運転することが禁じられています。適切な判断力、事故を起こしたときの責任感、そして車両の維持管理を行うための経済力が劣っていると判断されているからです。18歳未満でも優れた人格を持つ人物が存在しないわけではありませんが、それを選別するための試験にかける予算と手間がないので、18歳をボーダーラインにしています。また、信号機のランプを見て交通状況を判断することが求められるので、視神経が正常に働いていなければなりません。赤色と緑色の区別がつかない場合、自動車の運転中に停止するべき場所で走りだしたりしてしまうからです。また、運転動作が行える体の機能を有している必要があります。片足で立つことが可能であるか、軽く飛んだり跳ねたりできるのかを確認されるので、そこで問題がないと判断されれば受験可能です。その他にも、過去に自動車運転中の違反で免許が失効されて、再取得の要件を満たしている必要もあります。