自動車に関する資格を申請する際には、申請に必要な書類を必要書類一覧で確認し、もれなく取り揃えることが大切です。
自動車に関する資格の中には、既定の研修を終了していたり、既定の技能を有することを証明する書類を提示することで認可される資格があります。自動車の整備管理者や自動車検査員などがこの資格に該当します。また、実際に試験を行い合否を決める資格でも、その試験を受けるために終了しておかなければいけない研修や取得しておかなければいけない資格があるものも少なくありません。
その為、資格を申請する場合には、その資格の申請に必要な技能をしっかりと把握し、これを確認する必要があります。
特に、自動車の整備管理者は自動車検査員の資格は、既定の実務経験を持ち、その実務経験や既定の研修を終了していることを証明する書類を提示することで認可される資格であり、試験は一切ありません。これはこれらの資格が知識だけではなく、実際の実務をこなすことにより生まれる現場に対応する力を非常に重視しているからです。そのため、しっかりと書類を取り揃えて申請することが大切です。書類の不備があるといくら技術があっても認可されないので、注意しましょう。