身近な交通手段の中で、車は私たちの暮らしを便利にしてくれる乗り物の1つです。運転するためには、資格試験に合格する必要があります。最も取得者が多い資格は、普通免許です。街中を走っている乗り物の大半を運転することが可能で、年齢制限と簡単な条件を満たせば誰でも取得ができます。その他に関連資格として、二種免許と呼ばれるものを取得するとタクシー乗務員の採用試験の受験が可能です。お客様を安全迅速に目的地まで運ぶ業務を主とし、ときには観光客の案内人としても重宝されています。普通免許との違いは、高度な運転テクニックが求められる点です。細い路地を縫うように走り抜ける技術や、道路状況に応じて適切な運転ができる判断力が要求されます。合格するためには練習あるのみで、個人差に差があるものの1ケ月程度できる方が多いです。また、普通免許と二種免許の両方で筆記試験が課されます。道路標識の読み方や応急救護の方法など、一般道で運転するために必要な知識を多数学習します。筆記と実技の両方の試験で及第点を取得する必要がありますが、真面目に取り組んでいれば合格することは容易です。一般的な運動能力が備わっていれば、後は自身の根気次第です。